活動報告2013 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
化学物質の2020年目標のパンフレット完成
2013年4月から地球環境基金の助成を受けて、化学物質の人と環境への悪影響を最小化する国際的取り組みである2020年目標の普及と国内実施体制のチェック事業を進めています。その一環で一般の方々への普及用パンフレットが完成し […]
2月13日 2020年目標 は 本当 に 達成 できるか? 担当省庁 に 聞 く 第2弾
世界では、2020年までに化学物質による人の健康被害と環境影響を最小化するという2020年目標に向けて、 各国政府が化学物質規制・管理体制の見直しを始めています。2020年目標は、2002年のヨハネスブルグサ ミットで決 […]
11月24日国際市民セミナーでお披露目予定の動画「公衆衛生問題としての化学物質の子どもへの影響(仮題)」日本語字幕Ver.1
11月24日 国際市民セミナー「子どもの発達へ影響と化学物質管理 カナダ・EUからの報告」
発達途上の胎児や子どもの脳は、大人と違い外部環境の影響を受けやすく、一度有害な影響を受け るとその被害は一生涯続くことになります。市場には10 万種類の化学物質が使われていますが、その 内子どもの発達中の脳への影響を理由 […]
10月17日化学物質問題院内集会「2020年目標は本当に達成できるか?担当省庁に聞く 1」
2020年は東京オリンピックだけではありません。 世界では、2020年までに化学物質による人の健康被害と環境影響を最小化するという2020年目標に向けて、 各国政府が化学物質規制・管理体制の見直しを始めています。2020 […]
緊急特別講演会「子どもの発達障害と化学物質の世界的権威フィリップ・グランジャン博士に聞く」10月12日(土)午後5:30
市場に出ている10万種類の化学物質のうち、動物実験を実施して神経毒性が確認されているのは1000種類程度。 そのうち人間での神経毒性が判明しているのが200種類程度です。さらに子どもの発達中の脳への影響に関して規制措置が […]
8月30日 緊急学習会「水俣条約と日本の課題」
ケミネット主催緊急学習会「水銀条約 と 日本 の 課題」   本年10月9日に水俣で、10,11日に熊本で、水銀の使用を規制する国際条約の締結会議が開催され、水銀に関する水俣条約と命名される予定です。2002年 […]
7月27日総会記念講演会「子どもの発達障害と微量化学物質の影響 ~化学物質の有害影響を最小化する2020年目標のために~」
ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議総会記念講演会  子どもの発達障害と微量化学物質の影響~化学物質の有害影響を最小化する2020年目標のために~   子どもの発達障害が増加しています。その原因として、家庭や […]
2013年3月25日(月)「持続可能な農業のための農薬管理・規制に向けた政策提言」を発表しました。
持続可能な農業のための農薬管理・規制に向けた政策提言 – 提言書 – 概要 または、政策提言・申し入れのページの、農薬対策の項目からご参照下さい。
日本における 持続可能な農薬管理・規制をめざして ―EUのネオニコチノイド規制に学ぶ―
国民会議は2009年から、ネオニコチノイド系農薬の健康影響や農薬空中散布等の農薬の管理・規制に 係る問題に取り組み、これまで二次に亘る「ネオニコチノイド系農薬の使用中止等を求める緊急提言」 を行ってきました。国民会議はそ […]
 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS