活動報告2019 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
米国小児医学会 農薬や食品添加物・容器包装添加物で内分泌かく乱作用のある化学物質(環境ホルモン)に対してばく露を最小限にするための規制強化を提言
10月11日にホームページアップした、11月24日国際セミナー講師のトラサンデ博士 のビデオの中で、トラサンデ博士は、現在の食品添加物や食品容器包装の添加物の中には、内分泌かく乱作用のある有害化学物質(環境ホルモン)も含 […]
11月24日(日)国際市民セミナー講師 トラサンデさんが語る「有害化学物質から身を守る 食べ物編」
11月24日(日)の有害化学物質から子どもを守るための国際市民セミナーの講演者である、ニューヨーク大学医学部教授レオナルド・トラサンデさんは、自身のホームページでも様々な情報発信をされています。 国際セミナーの案内はこち […]
7月28日総会記念講演会「子どもの免疫を脅かす有害化学物質 イソシアネート・ビスフェノールA」
 今年の年次総会記念講演会は7月28日(日)。 講演会では、香害問題でクローズアップされているイソシアネートについて、かくたこども&アレルギークリニックの角田和彦先生に「香害被害 イソシアネートのアレルギーが増えている」 […]
1月27日20周年記念講演会「環境ホルモン・ネオニコチノイド 研究の最前線と遅れる規制」
ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議設立20周年記念議演会 環境ホルモン・ネオニコチノイド 研究の最前線と遅れる規制   有害化学物質として世界で近年注目を集めている、環境ホルモン、ネオニコチノイド系農薬。海 […]
 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS