6月 | 2006 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

2006年6月25日(日)

子どもプロジェクト第2回セミナー
「子どもたちのアレルギーが増えている!」
(2006年6月25日(日))
子どもプロジェクトの連続学習会の第2回のセミナー。

講演者
1「環境悪化からみた子どものアレルギー」
角田和彦氏(かくたこども&アレルギークリニック院長)

アレルギー反応は、進化の過程で哺乳動物が手に入れた高度な生体防御反応です。アレルギー疾患増加を考えるとき、何らかの環境因子によってアレルギー反応が過剰になっていること、環境の悪化から逃れようと起きている生体防衛反応であることを視点として持つことが必要です。

2「暮らしの中のアレルギー対策」
赤城智美氏(アトピッ子地球の子ネットワーク事務局長)

患者増加の背景を考えながら私たちにできること、地域や学校が取り組むことを提案します。電話相談や患者アンケートから得られたデータや実態もご紹介します。

↑トップへ戻る
 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS