9月 | 2007 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

2007年9月1日、2日

ダイオキシン国際NGOフォーラム in 東京 2007
(2007年9月1日、2日)
ベトナム、台湾、カネミ、セベソまで
被害者・研究者・NGOが一同に集う
ダイオキシン国際NGOフォーラム in 東京 2007
——————————————-
【日 時】 2007年9月1日(土)10:00-17:30
9月2日(日)10:00-18:00
【会 場】 JICA国際協力総合研修所国際会議場 (地図)
http://www.jica.go.jp/branch/ific/map/index.html
東京都新宿区市谷本村町10-5  TEL 03-3269-2911
【主 催】 ダイオキシン国際NGOフォーラム実行委員
ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
【参加費】  1日1500円 (2日連続 2500円)
9月1日夜の交流懇談会(別途3000円)
【申込方法】 事前予約制、先着200名
申し込み用紙(チラシ)に必要事項をご記入の上
FAX、郵送またはメールでお申込みください。
【チラシ】
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/event/Dioxin_NGO_Forum_07090102.pdf
【申込先】 ダイオキシン国際NGOフォーラム実行委員会事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階
TEL 03-5368-2735 FAX 03-5368-2736

——————————————————————————–
第1日目プログラム
2007年9月1日(土)
環境ホルモン問題から見た、ダイオキシン被害の実情
~ベトナム、台湾、日本~
——————————————————————————–
□ 開会挨拶(10:00-10:10)
□ セッション1: ベトナム枯葉剤被害(10:10-12:00)
◆10:10~11:00 「be ベトナム枯葉剤検診から見たダイオキシンの人体影響(1990-2005)
三浦 洋(阪南中央病院長、日越医療交流センターMECJV)
◆11:10~12:00 「ツーズー病院・平和村から見た枯葉剤被害の実情」
グエン・チ・フォン・タン(ツーズー病院・平和村所長、医師)
□ 昼休み(12:00~13:15)
□ セッション2: 油症被害(13:15-15:15)
◆13:15~13:55 「台湾油症患者のPCB/PCDF 暴露に関する長期的健康影響」
郭 育良(国立台湾大学医学部環境職業医学科、台湾大学病院、教授)
◆13:55~14:25 「台湾油症被害者は語る」
陳 麗玉(私立恵明学校 元校長)
呂 文達(被害生徒)
黄 月嬌(主婦連盟)
□ セッション3:カネミ油症被害(14:25-17:30)
◆14:25-14:45 「カネミ油症研究の現状と課題」 原田 正純(熊本学園大学教授、医師)
□ 休憩(14:45-15:00)
◆15:00-15:50 「カネミ油症被害者は語る」宿輪敏子、重本加名代(カネミ油症被害者)
「カネミ油症被害者支援センターの活動」佐藤禮子(カネミ油症被害者支援センター)
◆15:50-16:20 「ダイオキシン被害者救済に向けて」
油症研究者、弁護士、国会議員など各界からの発言
◆16:20-17:30 質疑討論
□ 閉会挨拶(17:30-17:35)
□ 交流懇談会(18:00~20:00)(交流会参加費3000円)

——————————————————————————–
第2日目プログラム
2007年9月2日(日)
環境ホルモン問題から見た、ダイオキシン研究・対策の今
——————————————————————————–
□ 開会挨拶(10:00-10:10)
□ セッション1: 日本におけるダイオキシン汚染の実情(10:15-12:00)
◆10:10~11:00 「ダイオキシン食品汚染の実情」
宮田秀明(摂南大学教授)
◆11:00~11:30  豊能郡美化センター、ダイオキシン暴露労働者の20年」
八木 修(能勢ダイオキシン労災基金事務局長、能勢町議会議員)
◆11:30-12:00 質疑討論
□ 昼休み(12:00~13:15)
□ セッション2: 環境ホルモン問題から見たダイオキシンの毒性・人体影響(13:15~15:45)
◆13:15~14:00 「ベトナムにおける枯葉剤とダイオキシン」
アーノルド シェクター(テキサス大学教授)
◆14:00~14:45 「セベソ事故後31年:ダイオキシンの人の健康への影響」
パオロ モカレッリ(ミラノ・ビコッカ大学教授)
◆14:45~15:15 「ダイオキシン毒性と健康影響・・実験研究者の視点から」
遠山千春(東京大学大学院教授)
◆15:15~15:45 質疑討論
□ 休憩(15:45~16:00)
□ セッション3; ダイオキシンの削減対策(16:00~17:45)
◆16:00~16:45 「スウェーデンにおけるダイオキシン汚染源の特定と定量化及び現在のリスク削減の取り組み」
ニクラス ヨハンソン(スウェーデンEPA)
◆16:45~17:15 「ダイオキシン対策に関する私たちの提言」
藤原寿和(国民会議常任幹事、止めよう!ダイオキシン汚染・東日本ネットワーク事務局長)
◆15:15~15:50 質疑討論
□ 閉会挨拶(17:50-18:00)

↑トップへ戻る
 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS