12月 | 2012 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

2013年1月20日(日)西尾正道氏講演会 放射線の人体への影響ー甲状腺異常など内部被曝を中心にー

2013年1月20日(日)西尾正道氏講演会

放射線の人体への影響ー甲状腺異常など内部被曝を中心にー

 

福島原発事故から1年半が過ぎました。汚染地域での除染作業には、様々な問題が生じており、そこでの生活には健康リスクを伴います。事故直後の被曝による、または汚染地域に住んでいるために起こる、子どもたちへの健康影響は次第に顕在化してくると考えられます。子どもの甲状腺をはじめとする放射線による影響、ことに内部被曝による健康被害をどう検査し、どう防ぐのか、放射線医学/がん治療の権威である西尾先生に臨床医の立場から詳しく解説していただきます(西尾正道:『放射線健康障害の真実』参照)。また、福島では安全キャンペーン、風評被害キャンペーンが県ぐるみで行われており、肝心の「子どもの健康第一」の原則が無視されている実態を福島大学の荒木田先生に報告して頂きます(荒木田岳:放射能汚染の広がりと子どもの未来、『子ども白書 2012』参照)。食品のセシウム、ストロンチウム汚染は、検査流通システムの現状では、全国民の健康に影響を及ぼす可能性があり、内部被曝は私たち皆の問題です。

1:30~1:35 開会あいさつ

1:35~4:15 講演 西尾正道氏  独立行政法人 国立病院機構 北海道がんセンター院長)

4:15~4:30 質疑応答

4:30~4:50 福島からの現状報告「子どもの健康をめぐって」  荒木田 岳氏(福島大学行政政策学類)

4:50~5:00 質疑応答

日時:2013年1月20日(日)  午後1:30~5:00

会場:中央大学駿河台記念館610号室

講演の内容については、ニュースレター79号で報告予定です。

↑トップへ戻る
 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS