8月 | 2013 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

8月30日 緊急学習会「水俣条約と日本の課題」

ケミネット主催緊急学習会「水銀条約 と 日本 の 課題」

 

本年10月9日に水俣で、10,11日に熊本で、水銀の使用を規制する国際条約の締結会議が開催され、水銀に関する水俣条約と命名される予定です。2002年から開始されたUNEP(国連環境計画)の世界水銀アセスメントで、水銀の工業的使用は、先進国では減少しているが、開発途上国では増加していること、水銀の環境中の排出量は増加する一方で、環境中に蓄積され、健康被害のリスクが高まっていることから、水銀の使用を規制する国際条約を制定することが国際的に合意されたためです。すでにEU、アメリカでは、水銀の使用を抑制し、輸出を規制する法律が制定されています。

水俣条約という命名だけがマスコミに取り上げられていますが、条約の締結で、日本にどんな影響が出るのでしょうか。有害化学物質の管理という観点から、日本の課題について、意見交換する学習会を企画しました。関心のある市民の参加を呼びかけます。

なおこの学習会は、地球環境基金の助成を受けて開催されます。

日時:2013年8月30日(金)  午後6:30~8:30

プログラム

①報告「低濃度水銀曝露の健康影響」

頼藤貴志氏(岡山大学大学院生命科学研究科准教授)

②報告「水銀条約の締約までの経過と内容」

環境省担当者(依頼中)

③報告「NGOからみた水銀条約の課題」

安間武氏(化学物質問題市民研究会)

④パネルディスカッション「水銀条約締結後の日本の課題」

パネラー 頼藤貴志氏、環境省担当者、安間武氏

コーディネーター 中地重晴氏(有害化学質削減ネットワーク)

 

会場:日比谷図書文化館4F スタジオプラス

東京都千代田区日比谷公園1番4号
東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」C3・B2出
口より徒歩約5分、都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より
徒歩約3分

資料代:500円

参加人数把握のため、ご参加希望の方は下記の連絡先のファクスかメールでお申し込みください。

主催:化学物質政策基本法を求めるネットワーク(ケミネット)
連絡先:NPO法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階
Tel.03-5368-2735 Fax.03-5368-2736 Email: kokumin-kaigi@syd.odn.ne.jp
NPO法人 有害化学物質削減ネットワーク(Tウォッチ)
〒136-0071 東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル4F
Tel/Fax.03-5836-4359 Email:comeon@toxwatch.net

↑トップへ戻る
 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS