10月 | 2013 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

11月24日 国際市民セミナー「子どもの発達へ影響と化学物質管理 カナダ・EUからの報告」

発達途上の胎児や子どもの脳は、大人と違い外部環境の影響を受けやすく、一度有害な影響を受け
るとその被害は一生涯続くことになります。市場には10 万種類の化学物質が使われていますが、その
内子どもの発達中の脳への影響を理由に規制されているのはたった5 種類(メチル水銀・鉛・PCB・ヒ
素・トルエン)に過ぎません。子どもは小さな大人ではない、だとしたら脆弱な感受性の高い胎児や
子どもを守る化学物質管理が必要です。

2020 年までに化学物質の人への健康被害と環境影響を最小化するという2020 年目標が、2002 年のヨ
ハネスブルグサミットで決議され、2006 年には世界行動計画が決定されました。世界各国が化学物質
理体制の見直しを始めています。今回特に先進的な取り組みを進めるEU の化学物質管理の専門NPO 代
表と、子どもへの化学物質に関するカナダの著名な研究者を招いて国際セミナーを企画しました。

なおこのセミナーは地球環境基金の助成を受けて開催されます。

日時:2013年11月24日(日)
13:00~16:30
場所:青山子どもの城9階会議室
東京都渋谷区神宮前5-53-1
JR渋谷駅(東口/宮益坂側)から徒歩10分、
東京メトロ表参道駅B2出口から徒歩8分
資料代:1000円

スケジュール予定(同時通訳)
1:00~1:10 開会挨拶
1:10~2:10「子どもの発達を害する化学物質とその規制のあり方について」
ブルース・ランパール(Bruce Lanphear)氏 (カナダ・サイモンフレーザー大学健康科学部教授)
2:10~3:10「化学物質の子どもの脳への影響」
黒田洋一郎氏(環境脳神経科学情報センター代表)
3:10~3:20 休憩
3:20~4:20「欧州の化学物質管理最新情報 発達毒性・環境ホルモン作用」
アンーソフィエ・アンダーソン(Anne-Sofie Andersson)氏(CHEMSEC 理事)
4:20~4:30 閉会挨拶

参加人数把握のため、ご参加希望の方は
ファクス(03-5368-2736)かメール
(kokumin-kaigi.syd.odn.ne.jp)でご連絡下さい。
主催:NPO法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階 Tel.03-5368-2735 Fax.03-5368-2736
Homepage: www.kokumin-kaigi.org Email: kokumin-kaigi@syd.odn.ne.jp

10月17日化学物質問題院内集会「2020年目標は本当に達成できるか?担当省庁に聞く 1」

2020年は東京オリンピックだけではありません。

世界では、2020年までに化学物質による人の健康被害と環境影響を最小化するという2020年目標に向けて、

各国政府が化学物質規制・管理体制の見直しを始めています。2020年目標は、2002年のヨハネスブルグサ

ミットで決議され、2006年のSAICM(国際化学物質管理に関する戦略的アプローチ)の世界行動計画が進め

られる中で、日本も昨年国内実施計画を作成しました。

2020年までに、世界各国の人が安心して東京オリンピックを訪れることができるように、化学物質の安全

性や放射能汚染問題を解決しなければいけません。そこで、日本の化学物質管理の見直しの現状を各省庁

から説明を受ける学習会を連続して開催することにしました。

第1回目が経済産業省と環境省の担当者からのお話をお伺いします。

なおこの集会は、地球環境基金からの助成で実施されます。

スケジュール予定

12:00~12:05 開会あいさつ

12:05~12:30 経済産業省からの報告

12:30~12:55 環境省からの報告

12:55~13:25  質疑応答と意見交換

13:25~13:30 閉会あいさつ

 

日時:2013年10月17日(木) 午後12:00~1:30

会場:参議院議員会館地下 B103号室  東京都千代田区永田町 2丁目1-1

東京メトロ永田町駅1番出口徒歩4分、国会議事堂前駅3番出口徒歩7分)

11:30から入り口で入館証を配布します。

参加費:無料

参加人数把握のため、ご参加希望の方はファクス(03-5368-2736)かメール

(kokumin-kaigi.syd.odn.ne.jp)でご連絡下さい。 当日参加も可能です。

主催:NPO法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

連絡先:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階 JEPA

Tel.03-5368-2735 Fax.03-5368-2736

Homepage: www.kokumin-kaigi.org   Email: kokumin-kaigi@syd.odn.ne.jp

 

緊急特別講演会「子どもの発達障害と化学物質の世界的権威フィリップ・グランジャン博士に聞く」10月12日(土)午後5:30

市場に出ている10万種類の化学物質のうち、動物実験を実施して神経毒性が確認されているのは1000種類程度。
そのうち人間での神経毒性が判明しているのが200種類程度です。さらに子どもの発達中の脳への影響に関して規制措置が取られているのはたったの5種類(メチル水銀・鉛・PCB/ヒ素・トルエン)。
ほとんどの化学物質の子どもへの影響は調べられてもいません。そうした状況で我々は何をすべきか。

 

子どもの脳が発達するチャンスは1回しかない。その影響は生 涯に及ぶと強調するグランジャン博士。(講演の動画より)

フェロー諸島で毛髪水銀の調査で、微量水銀の胎児の脳への影響を証明し、世界的注目を浴びた南デンマーク大学環境医学教授フィリップ・グランジャン博士。
10月に熊本・水俣で開催される水銀条約のNGO会議に出席するため来日される機会に、特別に東京で講演していただけることになりました。

子どもの発達障害と化学物質の世界的権威の話が聞ける貴重なチャンスです。ぜひ御出席ください。

ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議では、地球環境基金の助成を受けて化学物質による人と環境への影響を最小化する2020年目標の実施を促進するプロジェクトを実施中。
11月24日に国際セミナーを開催予定です。そのプレ企画としてグランジャン博士の講演会を企画しました。

日時:2013年10月12日(土) 午後5:30~7:30

プログラム
17;30~17:35 開会挨拶
17:35~19:05 グランジャン博士の講演(逐次通訳付き)「化学物質による子どもの発達への影響」
19:05~19:25 質疑応答
19:25~19:30 閉会挨拶

会場:TKP東京駅前会議室 カンファレンスルーム1

東京都中央区日本橋3-5-13 三義ビル2F
JR東京駅八重洲口徒歩5分、
東京メトロ銀座線日本橋駅徒歩3分
東京メトロ銀座線京橋駅徒歩5分

資料代:500円

参加人数把握のため、ご参加希望の方は下記の連絡先のファクスかメールでお申し込みください。

主催:ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階
Tel.03-5368-2735 Fax.03-5368-2736 Email: kokumin-kaigi@syd.odn.ne.jp

↑トップへ戻る
 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS