2010年9月11日(土) 13:00~16:30 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

2010年9月11日(土) 13:00~16:30

北海道学習会
ミツバチはなぜ消える! ~新農薬ネオニコチノイドの危険性~

(2010年9月11日(土) 13:00~16:30)

果物や野菜の受粉に欠かせないミツバチが、1990年代からヨーロッパで大量死し始め、世界各地に広がっています。05年に岩手県で、08年には北海道でもミツバチの大量死が報告され、その原因としてイネのカメムシ防除のために撒かれたネオニコチノイド農薬が疑われました。すでにこの農薬の影響はミツバチだけではなく、他の有益な昆虫や鳥類にも及びはじめており、生態系全体が脅かされています。
子どもの健康と未来を守るために、さらに生態系と食料生産を守るために、この農薬の危険性について、みなさんも一緒に考えてみませんか!?

講演1「生態系と農薬」
立川 涼さん
(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議代表・元高知大学学長)
講演2「ミツバチ大量死とネオニコチノイド農薬~岩手県の経験から~」
藤原 誠太さん (日本在来種みつばちの会会長・藤原養蜂場
講演3「環境化学物質と子どもの脳の発達障害-ネオニコチノイド・有機リン農薬の危険性-」
黒田洋一郎さん(東京都神経科学総合研究所・客員研究員)
講演4「新農薬ネオニコチノイドの人と生態系への影響、海外の取り組み」
水野 玲子さん (ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議理事)

■ 日 時:■ 場 所:TKR 札幌カンファレンスセンター
きょうさいサロン 8F 「弥生」 (札幌市中央区北4西1 共済ビル
■ 資料代:500円
■ 共 催:NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
市民ネットワーク北海道
■ 申込み:市民ネットワーク北海道
(TEL・011-200-2206 FAX・011-200-2207)
※参加者把握のため、参加される方は電話かFAXでご連絡ください。

※この講演会は、地球環境基金の助成を受けて行われています。

Comments are closed.

 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS