2006/05/26 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

2006/05/26

子どもプロジェクト第一回セミナー
「今、子どもたちに何が起こっているか」
(2006/05/26)
子どもプロジェクト第一回セミナー
「今、子どもたちに何が起こっているか」
瀧井宏臣氏(ジャーナリスト、『こどもたちのライフハザード』著者)
水野玲子氏(「子どもの体と環境を考える会代表)

——————————————————————————–

子どもプロジェクトの連続学習会の第1回のセミナーです。

講演者
1「どうなってるの?子どもたちの今の生活」
瀧井宏臣氏(ジャーナリスト、『こどもたちのライフハザード』著者)

体温異常、夜更かし、成人病、孤食・欠食・偏食、アレルギー、学級崩  壊、脳の発達の遅れ、遊び場の喪失、ゲーム脳など…子ども達の体と生  活に何が起こっているのでしょう。

2「次世代に伝わる化学物質の影響)
水野玲子氏(「子どもの体と環境を考える会代表)

カネミ油症事件の健康被害が次世代にも影響していること、知っていま  したか?化学物質の次世代への影響を
知り、日本の子どもの気になるデータと化学物質との接点を探ってみま  しょう。

場所:環境パートナーシップオフィス(EPO)
渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F (Tel.03-3406-5180)
最寄の駅東京メトロ表参道駅B2出口
参加費:一般1000円(会員500円)

子どもプロジェクトでは、今後以下のようなスケジュールで学習会を開催する予定です。
第2回 アレルギー問題(アトピー、ぜん息など)(6月25日(日))
角田和彦(かくたこども&アレルギークリニック院長)
赤城智美(アトピッ子地球の子ネットワーク)
第3回 化学物質過敏症(シックスクール、シックハウス)(7月1日(土))
古川俊治氏(慶應義塾大学法科大学院助教授、医学部外科助教授、弁護士)
第4回 軽度発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム)(9月予定)
黒田洋一郎氏(東京理科大学専門職大学客員研究員)
第5回 子どもと食の問題(10月予定)
第6回 子どもと人権(11月予定)

Comments are closed.

 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS