2005年6月11日(土)午後1:30~4:30 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

2005年6月11日(土)午後1:30~4:30

ブックレット出版記念シンポジウム「公害はなぜ止められなかったか? -予防原則の適用を求めてー」

(2005年6月11日(土)午後1:30~4:30 )

過去の公害事件や環境問題について、予防原則をいつどのように適用すれば被害を防げていたかを検証したブックレットを作成しました。
ブックレット完成を記念して、シンポジウムを開催しました。

基調報告
予防原則はなぜ必要か? 立川涼先生(国民会議代表)
予防原則とは何か 大竹千代子先生(化学物質と予防原則の会会長)
報告 予防原則の適用を考える プロジェクトメンバー
水俣病、カネミ油症事件、杉並病、電磁波問題など

場所:環境パートナーシップオフィス
渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
TEL.03-3406-5180
会費:1,000円(ブックレット代込み)

Comments are closed.

 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS