活動報告 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 | Page 3
国際市民セミナ-1(専門的) 11月15日(土) 「どうなる!どうする!EUの環境ホルモン規制 ~欧州連合と世界保健機関の報告書を書いた環境ホルモンの第一人者コルテンカンプ教授を招いて~ ( 2014年9月25日 )
11月15日(土)、16日(日)連続で化学物質の健康影響に関する国際セミナーを開催します。 1日目のテーマは、日本では「空騒ぎ」だと断じられ何の規制も取られていない「環境ホルモン」。しかし世界では大きな動きが出てきていま […]
7月27日(日)年次総会記念講演会「発達障害の子どもたちの現状と社会の役割」のお知らせ(当日参加も可能です) ( 2014年6月15日 )
事前申し込みをされていない方も、当日ご参加できますので直接会場においでください(7月25日 午後3時) 自閉症、ADHDなど発達障害は、日本や米国で急増しており、大きな社会問題となっています。 国民会議ではこの問題に焦点 […]
6月24日(火)学習会「PM2.5とナノ粒子 ~次世代へのリスクを減らすために知っておきたいこと~」のご案内 ( 2014年5月22日 )
大気汚染物質として注目を高めているPM2.5、さらに小さいナノ粒子の健康影響について学習会を開催します。 車の排ガスなどに含まれる浮遊粒子物質の中でも特に小さいPM2.5(サイズが2.5マイクロメートル以下の微小粒子状物 […]
化学物質の2020年目標のパンフレット完成 ( 2014年4月1日 )
2013年4月から地球環境基金の助成を受けて、化学物質の人と環境への悪影響を最小化する国際的取り組みである2020年目標の普及と国内実施体制のチェック事業を進めています。その一環で一般の方々への普及用パンフレットが完成し […]
2月13日 2020年目標 は 本当 に 達成 できるか? 担当省庁 に 聞 く 第2弾 ( 2014年2月4日 )
世界では、2020年までに化学物質による人の健康被害と環境影響を最小化するという2020年目標に向けて、 各国政府が化学物質規制・管理体制の見直しを始めています。2020年目標は、2002年のヨハネスブルグサ ミットで決 […]
11月24日国際市民セミナーでお披露目予定の動画「公衆衛生問題としての化学物質の子どもへの影響(仮題)」日本語字幕Ver.1 ( 2013年11月16日 )
11月24日 国際市民セミナー「子どもの発達へ影響と化学物質管理 カナダ・EUからの報告」 ( 2013年10月27日 )
発達途上の胎児や子どもの脳は、大人と違い外部環境の影響を受けやすく、一度有害な影響を受け るとその被害は一生涯続くことになります。市場には10 万種類の化学物質が使われていますが、その 内子どもの発達中の脳への影響を理由 […]
10月17日化学物質問題院内集会「2020年目標は本当に達成できるか?担当省庁に聞く 1」 ( 2013年10月8日 )
2020年は東京オリンピックだけではありません。 世界では、2020年までに化学物質による人の健康被害と環境影響を最小化するという2020年目標に向けて、 各国政府が化学物質規制・管理体制の見直しを始めています。2020 […]
緊急特別講演会「子どもの発達障害と化学物質の世界的権威フィリップ・グランジャン博士に聞く」10月12日(土)午後5:30 ( 2013年10月1日 )
市場に出ている10万種類の化学物質のうち、動物実験を実施して神経毒性が確認されているのは1000種類程度。 そのうち人間での神経毒性が判明しているのが200種類程度です。さらに子どもの発達中の脳への影響に関して規制措置が […]
8月30日 緊急学習会「水俣条約と日本の課題」 ( 2013年8月5日 )
ケミネット主催緊急学習会「水銀条約 と 日本 の 課題」   本年10月9日に水俣で、10,11日に熊本で、水銀の使用を規制する国際条約の締結会議が開催され、水銀に関する水俣条約と命名される予定です。2002年 […]
7月27日総会記念講演会「子どもの発達障害と微量化学物質の影響 ~化学物質の有害影響を最小化する2020年目標のために~」 ( 2013年6月27日 )
ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議総会記念講演会  子どもの発達障害と微量化学物質の影響~化学物質の有害影響を最小化する2020年目標のために~   子どもの発達障害が増加しています。その原因として、家庭や […]
2013年3月25日(月)「持続可能な農業のための農薬管理・規制に向けた政策提言」を発表しました。 ( 2013年3月25日 )
持続可能な農業のための農薬管理・規制に向けた政策提言 – 提言書 – 概要 または、政策提言・申し入れのページの、農薬対策の項目からご参照下さい。
日本における 持続可能な農薬管理・規制をめざして ―EUのネオニコチノイド規制に学ぶ― ( 2013年3月7日 )
国民会議は2009年から、ネオニコチノイド系農薬の健康影響や農薬空中散布等の農薬の管理・規制に 係る問題に取り組み、これまで二次に亘る「ネオニコチノイド系農薬の使用中止等を求める緊急提言」 を行ってきました。国民会議はそ […]
2013年1月20日(日)西尾正道氏講演会 放射線の人体への影響ー甲状腺異常など内部被曝を中心にー ( 2012年12月13日 )
2013年1月20日(日)西尾正道氏講演会 放射線の人体への影響ー甲状腺異常など内部被曝を中心にー   福島原発事故から1年半が過ぎました。汚染地域での除染作業には、様々な問題が生じており、そこでの生活には健康 […]
11月20日 院内学習会 無人ヘリ による 農薬空中散布を考える ( 2012年11月8日 )
ネオニコチノイド系農薬問題院内学習会 無人ヘリ による 農薬空中散布を考える ~ネオニコチノイド農薬の危険性から生態系と子どもを守ろう!~ 日本の空では目下、2400機あまりの無人ヘリコプターが危険な農薬を散布しているこ […]
12月9日 国際セミナー 「生態系と子どもを農薬から守るために ~EUの農薬規制から学ぶ~」 ( 2012年10月29日 )
環境保全型農業推進のための国際市民セミナー 「生態系と子どもを農薬から守るために ~EUの農薬規制から学ぶ~」 子どもの脳への影響が指摘されている有機リン農薬。そのほとんどがEUでは禁止されていることをご存知ですか? そ […]
10月14日崎山比早子先生講演会「放射線低線量被ばくの健康影響を考える」 ( 2012年9月28日 )
崎山比早子先生講演会「放射線低線量被ばくの健康影響を考える」 日時:2012年10月14日(日)午後1:30~4:00 会場:連合会館(元総評会館)201号室 東京都千東京都千代田区神田駿河台3-2-11 JR中央・総武 […]
国民会議総会記念講演会 「放射能と化学物質の次世代への影響その2」 ( 2012年6月29日 )
NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議総会記念講演会 「放射能と化学物質の次世代への影響その2」 日時:2012年7月28日(土) 午後13:30~16:35 今年の記念講演会は、昨年に引き続き放射性物質と化学 […]
今中哲二先生講演会「チェルノブイリ事故の健康影響と福島の子どもたち」 ( 2012年5月17日 )
放射能問題プロジェクト主催 6月15日午後6時30分 今中哲二先生講演会 「チェルノブイリ事故の健康影響 と福島の子どもたち」 東日本大震災・福島原発事故から早1年が過ぎました。日本政府は昨年末に事故炉は冷温停止状態とな […]
3月31日の放射能問題学習会講師変更のお知らせ ( 2012年3月16日 )
(緊急の変更のお知らせ) 3月31日の学習会では、水口憲哉先生の御講演は中止になりました。中地重晴先生の「市民による食品測定で分かったこと」のみとなります。開始時間は1:00のままですが、終了時刻が少し早くなる予定です。 […]
 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS