2010年7月24日(土) 午後1:00~3:30 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

2010年7月24日(土) 午後1:00~3:30

総会記念講演会
ネオニコチノイド系農薬のミツバチ、生態系、人体への影響

(2010年7月24日(土) 午後1:00~3:30)

90年代はじめに登場した新農薬ネオニコチノイドが、急速に生態系を破壊し始めています。ヨーロッパ諸国では、この農薬がミツバチ大量死を引き起こして大問題となりましたが、その影響は日本では、もはやミツバチだけではありません。スズメやツバメ、森林に生息する無数の昆虫にも及びつつあるのです。
九州の佐世保でニホンミツバチを飼う養蜂家『ニホンミツバチが日本の農業を救う』(高文研)の著者久志冨士男氏は、長崎県ではミツバチだけでなく鳥類なども急速に姿を消しつつあることを警告しています。まさにレイチェル・カーソンの「沈黙の春」の第8章「そして、鳥は鳴かず」が日本で現実になりつつあります。
その他にも、ネオニコチノイド農薬だけでなく、まだ大量に使用されている有機リン農薬を含めた環境化学物質による発達途上の子どもの脳への影響についても、この分野の第1人者である黒田洋一郎氏からご講演いただきます。
私たちが守らなくてはならないのは、これから育つ次世代の脳であり、また、ミツバチを始めとした生態系です。日本のミツバチ被害は、さらに広がっており、果物や野菜の授粉にこれ以上影響がでると、私たちの食糧問題も危うくすることを、この機会にみなさんに思い出していただきたいと思います。

講演1  「ネオニコチノイド農薬による昆虫と鳥類の消滅」
久志冨士男氏(ミツバチたすけ隊代表・養蜂家)
報告   「海外のネオニコチノイド事情」
(シエラクラブなど海外環境保護団体の資料紹介)
講演2  「環境化学物質と子どもの脳の発達障害
ーネオニコチノイド・有機リン農薬の危険性ー」
黒田洋一郎氏(東京都神経科学総合研究所・客員研究員)

日時:
2010年7月24日(土)
午後1:00~3:30
会場:日本青年館ホテル3階 301会議室
東京都新宿区霞ケ丘7- 1 .
TEL03- 3475- 2455
JR中央・総武線各駅停車「信濃町」駅より徒歩9分
JR中央・総武線各駅停車「千駄ヶ谷」駅より徒歩9分
地下鉄銀座線「外苑前」駅3番出口より徒歩7分
都営地下鉄大江戸線「国立競技場」駅A2出口より徒歩7分

午後3:40~午後4時40まで総会を行います。

資料代:1000円(会員500円)
申込みは不要ですが、参加人数把握のため、ご参加希望の方は
ファクス(03-5368-2736)かメールでご連絡下さい。
主催:NPO法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階 Tel.03-5368-2735 Fax.03-5368-2736
Homepage: www.kokumin-kaigi.org

この講演会は、地球環境基金の助成を受けて行われます。

Comments are closed.

 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS