メニュー 閉じる

講演会・学習会

広がるPFAS汚染 私たちの体も汚染されている
日付:2022年3月2日
講師:原田浩二氏(京都大学医学研究科環境衛生学分野准教授)

有機フッ素化合物と子どもの健康―環境と子どもの健康に関する北海道スタディの成果から
日付:2022年1月19日
講師:池田敦子氏(北海道大学大学院保健科学研究院教授)

香害を考える
日付:2021年7月31日
講師:斉藤吉広氏(元稚内北星学園大学学長)
   水野玲子氏(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議理事)

新型コロナウイルス ワクチン、PCR検査、消毒剤の問題点ー基礎研究者の視点からー
日時 2021年3月17日
講師 木村―黒田純子氏(環境脳神経科学情報センター)
有機フッ素化合物(PFAS)の 水汚染・人体汚染の解決を求めて
日付:2020年12月1日
講師:ジョン・ミッチェル氏(沖縄タイムス特約通信員)
東京多摩地域と沖縄のPFAS汚染
日付:2020年11月7日
講師:中地重晴氏(熊本学園大学社会福祉学部教授)
   河村雅美氏(The informed-Public Project 代表)
食品に含まれる化学物質や環境中の化学物質と子どもの健康
日時:2020年2月9日
講師:角田和彦氏(かくたこども&アレルギークリニック院長)
有機野菜を食べて体内の農薬を減らせるか?~ネオニコチノイドの曝露実態の解明とその改善に向けた取り組み~
日時:2020年1月19日
講師:池中良徳氏(北海道大学大学院 獣医学研究院 獣医学部門 環境獣医科学分野准教授)
子どもの免疫を脅かす有害化学物質 イソシアネート・ビスフェノールA
日時:2019年7月28日
講師:角田和彦氏(かくたこども&アレルギークリニック院長)
   小池英子氏(国立環境研究所)
環境ホルモン・ネオニコチノイド 研究の最前線と遅れる規制
日時:2019年1月27日
講師:有薗幸司氏(熊本県立大学教授)
   星信彦氏(神戸大学教授)
腸内細菌と化学物質
日時:2018年7月29日
講師:松井三郎氏(京都大学名誉教授)熊本県立大学教授)
   森千里氏(千葉大学大学院医学研究院教授/千葉大学予防医学センター長)
   木村ー黒田純子氏(環境脳神経科学情報センター)
環境ホルモンとしてのマイクロプラスチック問題
日時:2018年1月21日日
講師:高田秀重氏(農工大学農学部環境資源学科教授)
内分泌かく乱化学物質 欧米 の 研究・規制最前線
日時:2016年12月3日
講師:中山祥嗣氏(国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター曝露動態研究室室長 エコチル調査コアセンター研究開発室長)
においと化学物質過敏症
日時:2016年7月31日
講師:坂部貢氏演(東海大学大学院医学研究科先端医学専攻教授)

「においブームの落とし穴 香料や柔軟剤、広がる香害の原因はどこに?」
日時:2016年3月12日 
講師:安原昭夫氏(元国立環境研究所・東京理科大理工学部)
   神野透人氏(名城大学薬学部教授)

環境ホルモン問題 は 終わってない! だまされる細胞・組織 シグナル毒性とは何か?
日時:2015年7月26日
講師:菅野純氏(国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター・毒性部部長)
発達障害の子どもたちの現状と社会の役割
日時:2014年7月27日
講師:神尾陽子氏(独立行政法人国立精神・神経センター精神保健研究所 児童思春期精神保健部 部長)
PM2.5とナノ粒子 ~次世代へのリスクを減らすために知っておきたいこと~
日時:2014年6月24日
講師:梅澤雅和氏(東京理科大学戦略的環境次世代健康科学研究基盤センター講師)
子どもの発達障害と化学物質の世界的権威フィリップ・グランジャン博士に聞く
日時:2013年10月12日
講師:フィリップ・グランジャン博士(南デンマーク大学環境医学教授)
水俣条約と日本の課題
日時:2013年8月30日
講師:頼藤貴志氏(岡山大学大学院生命科学研究科准教授)
   金子元郎氏(環境省環境保健部環境安全課)
   安間武氏(化学物質問題市民研究会) 
子どもの発達障害と微量化学物質の影響 ~化学物質の有害影響を最小化する2020年目標のために~
日時:2013年7月27日
講師:黒田洋一郎氏(環境脳神経科学情報センター代表)
   坂部貢氏(東海大学医学部教授 日本臨床環境医学会理事長)
日本における 持続可能な農薬管理・規制をめざして ―EUのネオニコチノイド規制に学ぶ―
日時:2013年3月25日
講師:大野和朗氏(宮崎大学農学部植物生産環境科学科准教授)
   水野玲子氏(国民会議 理事)
放射線の人体への影響ー甲状腺異常など内部被曝を中心にー
日時:2013年1 月20 日
講師:西尾正道氏 (独立行政法人 国立病院機構 北海道がんセンター院長)
   荒木田岳氏(福島大学行政政策学類)

無人ヘリ による 農薬空中散布を考える~ネオニコチノイド農薬の危険性から生態系と子どもを守ろう~
日時:2012年11月20日
講師:辻万千子氏( 反農薬東京グループ)
   水野玲子氏(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議)
   村山隆氏(里山保全ヤマンバの会(長野県上田市))

「放射線低線量被ばくの健康影響を考える」
日時:2012年10月14日
講師::崎山比佐子氏(元放射線医学総合研究所主任研究官 高木学校)

「放射能と化学物質の次世代への影響その2」
日時:2012年7月28日
講師:井上達氏(前・国立医薬品衛生研究所安全性生物試験研究センター長)
  遠山千春氏 (東京大学大学院 医学系研究科  教授)元放射線医学総合研究所主任研究官 高木学校)

「チェルノブイリ事故の健康影響と福島の子どもたち」
日時:2012年6月15日
講師::今中哲二氏(京都大学原子炉実験所助教)

「市民による食品測定で分かったこと」
日時:2012年3月31日
講師:中地重晴氏(熊本学園大学教授)

「放射能と化学物質の次世代への影響」(2011年7月23日)
日時:2011年7月23日
講師:綿貫礼子氏(サイエンスライター)
  吉田由布子氏(「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク事務局長)
  井上達氏(日本大学医学部客員教授、前・国立医薬品衛生研究所安全性生物試験研究センター長)

「松枯れ防止の農薬空中散布の中止を求めて」
日時:2011年11月30日
講師:青木淳一氏(横浜国立大学名誉教授)
  林一六氏(筑波大学教授)学園大学教授

ミツバチはなぜ消える!~新農薬ネオニコチノイドの危険性
 日時:2010年9月11日
 場所 福岡市
 講師:立川 涼氏(国民会議初代代表理事)
   藤原 誠太氏(日本在来種みつばちの会会長・藤原養蜂場)
   黒田洋一郎氏(東京都神経科学総合研究所・客員研究員)
   水野 玲子氏 (ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議理事)

どうする!増え続ける 浸透性農薬 ネオニコチノイド
日時:2009年9月13日
講師:青山美子氏(青山内科小児科医院 医師)
  平久美子氏(東京女子医科大学東医療センター麻酔科 医師)
  木村-黒田純子氏(東京都神経科学総合研究所)

日本でなぜ ミツバチが減少しているのか ~ゆたかな生態系を取り戻すために~
日時:2009年7月19 日
講師:鷲谷いづみ氏(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
   藤原誠太氏(日本在来種みつばちの会会長・東京農業大学客員教授)

子どもの健康と環境ホルモン~ビスフェノールA フタル酸化合物のリスクを中心に
日時:2009年2月28日
講師:緒方勤氏(国立成育医療センター研究所小児思春期発育研究部長)

「未来世代の子どもたちを守るために」
日時:2008年12月6日
講師:伏木信次氏(京都府立医科大学教授)
  中地重晴氏(国民会議理事)
  神山美智子(国民会議副代表)

重金属問題連続セミナー④ 母子毛髪ミネラル分析についての報告
日時:2008年6月28日
講師:森脇康子氏(国民会議理事)
   田口操氏(水銀公害をなくす会)

重金属問題連続セミナー③ 重金属汚染と毛髪ミネラル -子どもたちの心身の健康のために
日時:2008年5月31日
講師:大森隆史氏(銀座サンエスペロ大森クリニック)

重金属問題連続セミナー②水銀汚染は終わってない!有害金属コントロールに関する国内外の動向
日時:2008年4月20日
講師:貴田晶子氏( 国立環境研究所 循環型社会・廃棄物研究センター廃棄物試験評価研究室)
   瀬川惠子氏( 環境省環境保健部環境安全課)


重金属問題連続セミナー①「鉛のライフサイクルとレジ袋問題」
日時:2008年3月29日
講師:酒井伸一氏(京都大学環境保全センター教授)

総会記念講演会「ダイオキシン・重金属問題を考える」
日時:2007年12月1日
講師:森田昌敏氏(環境ホルモン学会会長)
   浅見輝男氏(茨城大学名誉教授)

子どもプロジェクト第5回セミナー『不妊治療』を考える
日時:2007年3月3日
講師:戸高恵美子氏(千葉大学環境健康フィールド科学センター助手)
   まさのあつこ氏(『日本で不妊治療を受けるということ』(岩波書店)著者)

子どもプロジェクト第4回セミナー 子どもの「脳の発達障害」と向き合おう~LD,ADHD,高機能自閉症~
日時:2006年10月22日
講師:黒田洋一郎氏(東京都神経科学総合研究所)
   新堀和子氏(「全国LD親の会」理事)

プラスチックごみ処理のここが問題! -プラスチックごみ中継基地の問題点
日時:2006年7月14日
講師:影本浩氏(東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)

子どもプロジェクト 第3回セミナー「化学物質過敏症から子どもを守れ!」
日時:2006年7月1日
講師:古川俊治氏(慶應義塾大学法科大学院助教授、弁護士)
   青山和子氏(環境健康学トランスレーター)

子どもプロジェクト第2回セミナー 「子どもたちのアレルギーが増えている!」
日時:2006年6月25日
講師:角田和彦氏(かくたこども&アレルギークリニック院長)
   赤城智美氏(アトピッ子地球の子ネットワーク事務局長)

子どもプロジェクト第一回セミナー 「今、子どもたちに何が起こっているか」
日時:2006年5月27日
講師:瀧井宏臣氏(ジャーナリスト、『こどもたちのライフハザード』著者)
水野玲子氏(「子どもの体と環境を考える会代表)

2005年度総会記念フォーラム 記念講演会
日時:2005年10月29、30日
講師:立川涼氏(国民会議代表、愛媛県環境創造センター所長)
   中地重晴氏(環境監視研究所所長)
   斉藤文利氏(中皮腫・アスベスト疾患患者と家族の会)
   藤原寿和氏(化学物質問題市民研究会代表)
   中下裕子氏(国民会議事務局長・弁護士)
   深田秀樹氏(千葉大学大学院医学研究院特任助教授)
   堤治氏(東京大学医学部産科婦人科教授)

日本の米は大丈夫?!-米のカドミウム汚染ー
日時:2005年7月30日(土)午後1時30分~午後3時30分
講師:小野塚春吉氏(東京都健康安全研究センター)

ブックレット出版記念シンポジウム「公害はなぜ止められなかったか? -予防原則の適用を求めてー」
日時:2005年6月11日(土)午後1時30分~午後4時30分
講師:立川涼先生(国民会議代表)
   大竹千代子先生(化学物質と予防原則の会会長)

「化学物質汚染のない世界をめざしてEUの新しい化学物質規制ーREACH」
日時:2004年11月23日(日)午後1時~4時30分
講師:ナディア・ハヤマ氏(グリーンピース・インターナショナル 政策担当シニア・オフィサー[ ベルギー])
   ローラン・ボーゲル氏(ヨーロッパ労連 労働安全衛生部研究員[ ベルギー])

年次総会記念講演「子どもの健康があぶない!~子ども環境保健法の制定を目指して~」
日時:2004年11月6日(日)午後1時30分~午後4時30分
講師:立川涼氏(国民会議代表)
   森千里氏(国民会議副代表)
   黒田洋一郎氏(東京都神経科学総合研究所、CREST)

5周年総会・シンポジウム「毒物のない社会をめざして」
日時:2003年11月8日(土)午後1時~午後5時
講師:森千里氏(千葉大学大学院教授)
   浦野紘平氏(横浜国立大学大学院教授)

「毒物のない環境を次世代に手渡すために ~スウェーデン、EUの化学物質政策~」
日時:2003年10月14日(火)午後6時20分~8
講師:パー・ロザンダー氏(国際化学事務局ディレクター)

「循環型社会における廃棄物処理とダイオキシン対策 ~広域化・大型化の是非を問う、自治体・財政・技術面から~」
日時:2003年3月30日(日)午後1時30分~4時30分
青山貞一氏((株)環境総合研究所長)

ブックレット出版記念シンポジウム食品のダイオキシン類汚染 -魚介類を中心に-
日時:2003年5月17日(土)午後1時30分~午後4時30分
講師:立川涼(国民会議代表)
   森脇靖子(国民会議食品プロジェクト座長)
   神山美智子(国民会議副代表)

ブックレット出版記念シンポジウム化学汚染から子どもを守ろう
日時:2003年3月22日(土)午後1時30分~午後4時30分
講師:毛利子来氏(小児科医)
   藤田紘一郎氏(東京医科歯科大学医学部教授 寄生虫学,感染免疫学

どうなる?土壌汚染対策
日時:2002年10月25日(金)午後6時~8時30分)
講師:畑明郎氏(大阪市立大学大学院教授)