11月24日 国際市民セミナー「子どもの発達へ影響と化学物質管理 カナダ・EUからの報告」 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

11月24日 国際市民セミナー「子どもの発達へ影響と化学物質管理 カナダ・EUからの報告」

発達途上の胎児や子どもの脳は、大人と違い外部環境の影響を受けやすく、一度有害な影響を受け
るとその被害は一生涯続くことになります。市場には10 万種類の化学物質が使われていますが、その
内子どもの発達中の脳への影響を理由に規制されているのはたった5 種類(メチル水銀・鉛・PCB・ヒ
素・トルエン)に過ぎません。子どもは小さな大人ではない、だとしたら脆弱な感受性の高い胎児や
子どもを守る化学物質管理が必要です。

2020 年までに化学物質の人への健康被害と環境影響を最小化するという2020 年目標が、2002 年のヨ
ハネスブルグサミットで決議され、2006 年には世界行動計画が決定されました。世界各国が化学物質
理体制の見直しを始めています。今回特に先進的な取り組みを進めるEU の化学物質管理の専門NPO 代
表と、子どもへの化学物質に関するカナダの著名な研究者を招いて国際セミナーを企画しました。

なおこのセミナーは地球環境基金の助成を受けて開催されます。

日時:2013年11月24日(日)
13:00~16:30
場所:青山子どもの城9階会議室
東京都渋谷区神宮前5-53-1
JR渋谷駅(東口/宮益坂側)から徒歩10分、
東京メトロ表参道駅B2出口から徒歩8分
資料代:1000円

スケジュール予定(同時通訳)
1:00~1:10 開会挨拶
1:10~2:10「子どもの発達を害する化学物質とその規制のあり方について」
ブルース・ランパール(Bruce Lanphear)氏 (カナダ・サイモンフレーザー大学健康科学部教授)
2:10~3:10「化学物質の子どもの脳への影響」
黒田洋一郎氏(環境脳神経科学情報センター代表)
3:10~3:20 休憩
3:20~4:20「欧州の化学物質管理最新情報 発達毒性・環境ホルモン作用」
アンーソフィエ・アンダーソン(Anne-Sofie Andersson)氏(CHEMSEC 理事)
4:20~4:30 閉会挨拶

参加人数把握のため、ご参加希望の方は
ファクス(03-5368-2736)かメール
(kokumin-kaigi.syd.odn.ne.jp)でご連絡下さい。
主催:NPO法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階 Tel.03-5368-2735 Fax.03-5368-2736
Homepage: www.kokumin-kaigi.org Email: kokumin-kaigi@syd.odn.ne.jp

Comments are closed.

 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS