7月29日 総会記念講演会「腸内細菌と化学物質」のご案内 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

7月29日 総会記念講演会「腸内細菌と化学物質」のご案内

今年の年次総会記念講演会は、「腸内細菌と化学物質」をテーマに、京都大学名誉教授の松井三郎先生と、環境脳神経科学情報センターの木村ー黒田純子先生のお二人にお話いただきます。

講演1「生態系と人体にとっての微生物の働き」-有機農業と腸内環境での善玉菌・悪玉菌-

講師:松井三郎氏(京都大学名誉部教授)

有機農業で有用とされる微生物と、人間の腸内で善玉菌とされる微生物には、同じ種類のものが多いことをご存じでしょうか?人の腸内で善玉菌として働く乳酸菌や酵母菌・放線菌などは、有機農業の堆肥としても、土壌中で、連作障害など原因となる悪玉菌と闘ってくれているのです。また人間の免疫作用には、善玉菌と悪玉菌を区別する能力があることもわかってきました。生態系と人体にとっての微生物の働きについて、一般向けにわかりやすくお話いただきます。

講演2「人間と細菌たちとの共生関係=マイクロバイオーム」-抗菌剤、殺菌剤など化学物質の乱用が引き起こす健康障害

講師:木村ー黒田純子氏(環境脳神経科学情報センター)

近年、人間に共生している微生物群=マイクロバイオータが私たちの健康に重要であることがわかってきました。マイクロバイオータとの共生関係をマイクロバイオームといい、その中でも腸内細菌との相互関係が健康や疾患に関わっていることに注目が集まっています。講演では、マイクロバイオームの概要と、抗生剤や抗菌剤、殺菌剤などの化学物質がマイクロバイオータのバランスを壊し、アレルギーなど健康障害を起こしていることについて、わかりやすくお話いただきます

日時:2018年7月29日(日) 13:30 ~16:00 なお同日12:30~1:30に国民会議年次総会を開催予定です。

場所:ワイムスペース市ヶ谷

https://peraichi.com/landing_pages/view/waimichigaya

(東京都 新宿区 市谷本村町3-26 ホワイトレジデンス1階)

東京メトロ南北線・有楽町線 市ヶ谷駅7番出口より徒歩3分

参加費:1,000円 当日参加も可能性ですが、参加者把握のため、ファクス(03-5875-5411)かメール(kokumin-kaigi@syd.odn.ne.jp)でお申し込みください。

NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル4階 TEL:03-5875-5410 Fax.03-5875-5411

Mail: kokumin-kaigi@syd.odn.ne.jp URL http://www.kokumin-kaigi.org/

 

この案内のチラシはこちら

Comments are closed.

 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS