緊急特別講演会「子どもの発達障害と化学物質の世界的権威フィリップ・グランジャン博士に聞く」10月12日(土)午後5:30 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

緊急特別講演会「子どもの発達障害と化学物質の世界的権威フィリップ・グランジャン博士に聞く」10月12日(土)午後5:30

市場に出ている10万種類の化学物質のうち、動物実験を実施して神経毒性が確認されているのは1000種類程度。
そのうち人間での神経毒性が判明しているのが200種類程度です。さらに子どもの発達中の脳への影響に関して規制措置が取られているのはたったの5種類(メチル水銀・鉛・PCB/ヒ素・トルエン)。
ほとんどの化学物質の子どもへの影響は調べられてもいません。そうした状況で我々は何をすべきか。

 

子どもの脳が発達するチャンスは1回しかない。その影響は生 涯に及ぶと強調するグランジャン博士。(講演の動画より)

フェロー諸島で毛髪水銀の調査で、微量水銀の胎児の脳への影響を証明し、世界的注目を浴びた南デンマーク大学環境医学教授フィリップ・グランジャン博士。
10月に熊本・水俣で開催される水銀条約のNGO会議に出席するため来日される機会に、特別に東京で講演していただけることになりました。

子どもの発達障害と化学物質の世界的権威の話が聞ける貴重なチャンスです。ぜひ御出席ください。

ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議では、地球環境基金の助成を受けて化学物質による人と環境への影響を最小化する2020年目標の実施を促進するプロジェクトを実施中。
11月24日に国際セミナーを開催予定です。そのプレ企画としてグランジャン博士の講演会を企画しました。

日時:2013年10月12日(土) 午後5:30~7:30

プログラム
17;30~17:35 開会挨拶
17:35~19:05 グランジャン博士の講演(逐次通訳付き)「化学物質による子どもの発達への影響」
19:05~19:25 質疑応答
19:25~19:30 閉会挨拶

会場:TKP東京駅前会議室 カンファレンスルーム1

東京都中央区日本橋3-5-13 三義ビル2F
JR東京駅八重洲口徒歩5分、
東京メトロ銀座線日本橋駅徒歩3分
東京メトロ銀座線京橋駅徒歩5分

資料代:500円

参加人数把握のため、ご参加希望の方は下記の連絡先のファクスかメールでお申し込みください。

主催:ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階
Tel.03-5368-2735 Fax.03-5368-2736 Email: kokumin-kaigi@syd.odn.ne.jp

Comments are closed.

 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS