2007年3月3日 | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

2007年3月3日

子どもプロジェクト第5回セミナー
『不妊治療』を考える

(2007年3月3日)

【日時】3月3日(土)13:30~16:30(開場13:00)
【開催場所】東京芸術劇場 大会議室
〒171-0021豊島区西池袋1-8-1
(池袋駅西口地下2b出口すぐ)
http://www.geigeki.jp/access.html
【参加費】1000円(会員500円) 参加申込み:不要

【セミナー内容】

■■ 子供を取り巻く環境とリスクを減らす方法 ■■■■■■■■■■
戸高恵美子氏(千葉大学環境健康フィールド科学センター助手)

胎児期・小児期は、人の一生の中で感受性の高い時期です。卵子と精子が受精すると、ほんのわずかの「ゆらぎ」で正常な発達ができない場合があります。現在、日本では出生時点で1~2%、外見から判断できる先天異常が発生しています。原因は、遺伝的なものもありますが、ほとんどはわかっていません。

過去には、サリドマイドやジエチルスチルベストロール(DES)などの薬剤によって、胎児に先天異常が発生した例がありました。先天異常ではなくても、現在小学生の約3~4割が何らかのアレルギー疾患を持っており遺伝的な原因によらない環境由来の疾患が最近増加していると考えられます。

人の発生と先天異常の説明とともに、新たな取り組みである「環境改善型の予防医学」について紹介します。

■■ 知る人ぞ知るでは済まない不妊の話 ■■■■■■■■■■■■
まさのあつこ氏
(『日本で不妊治療を受けるということ』(岩波書店)著者)

10組に1組のカップルは不妊であるといわれている日本。しかし、不妊治療を受ける患者側にとって、実際の治療がどのようなものかは、ほとんど知られていません。患者への情報提供や心のケアが足りていないことなど、不妊治療をめぐる体制について、ご自身の不妊治療経験も交え、不妊治療のあるべき姿を考えます。

【講師プロフィール】

戸高恵美子氏
1963年生まれ。清泉女子大学英文別科卒業後、カナダ・モントリオール市 のコンコーディア大学で環境学を学ぶ。
1993年帰国後、1996年から5年半環境新聞社記者。2001年から千葉大学助 手。環境と人の健康との関係について研究。

まさのあつこ氏
英会話学校講師、コンピュータのコンサルタント会社勤務の後、通訳・翻 訳業のかたわら、1995年から徳島県木頭村の細川内ダム反対運動にかかわ る。インターネット上で「ダム日記」を掲載。
1998~2000年まで衆議院議 員のもとで秘書を務め、主に環境関連法案作 成サポートに携わる。
2001年、再び衆議院議員の政策担当秘書に。2001年に退職。不妊治療生活 に入る。
現在はジャーナリスト。共著書に「ハンドブック市民の道具箱」(岩波書 店)「Q&Aもっと知りたい環境ホルモンとダイオキシン-問題解決へのシ ステムづくり」(ぎょうせい)「日本で不妊治療を受けるということ」(岩波書店)「八ツ場ダムは止まるか

Comments are closed.

 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS