新型コロナ対策の「消毒」に使われる化学物質の問題点を整理したレポートの発表(3月5日) Ver.2を掲載(3月10日) | ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

新型コロナ対策の「消毒」に使われる化学物質の問題点を整理したレポートの発表(3月5日) Ver.2を掲載(3月10日)

3月17日の新型コロナウィルス問題の緊急学習会の資料の一環として、コロナ対策で急増している「消毒・殺菌・除菌・抗菌・抗ウィルス」用に使用されている化学物質の問題点についてまとめたレポートを発表しました。
その中には、科学的根拠があるとはいえないものも少なくなく、使い方によっては人や生態系に悪影響を与えかねないものもあります。新型コロナ感染症の脅威は、今後も相当長期にわたって継続する恐れがあることから、このような消毒剤などの過剰使用が人・生態系に重大な影響を及ぼす可能性は否定できません。
そこで、このような消毒剤などの現状と危険性を指摘し、推奨される使用方法を紹介するレポートを発表します。

3月10日に、子どもには消毒剤の使用について、とくに注意が必要なことを加筆訂正したver.2にアップデートしました。

レポート全文のPDFはこちらからダウンロードしてください。
目次
1 市場に氾濫する消毒・除菌・抗菌・抗ウィルス製品とその問題点
 (1) 店頭・通販に溢れる「消毒」製品
 (2) 相次ぐ消費者庁による表示の改善要請等
 (3) 消毒・除菌・抗菌成分の有効性・危険性
   1)アルコール類
   2)次亜塩素酸ナトリウム
   3)塩化ベンザルコニウムなど第4級アンモニウム塩
   4)次亜塩素酸水
   5)二酸化塩素
   6)その他の成分
2 過剰・有害な「消毒剤」による人体・生態系への影響
 (1) 人体への影響
 (2) 生態系への影響
3 新型コロナウィルス対策の賢い消毒方法-天然石けん・アルコールで十分!
 (1) 手指などの消毒
 (2) 物品の消毒
 (3) 空気中のウィルス対策

 

Comments are closed.

 

 
 
 

個人情報の取扱について RSS